本文へ移動

現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 子育て環境の充実とゆきとどいた教育をすすめるための請願書A

請願の詳細情報

請願第11号(平成22年) 子育て環境の充実とゆきとどいた教育をすすめるための請願書A

受理番号
請願第11号
(平成22年)
提出年月日
平成22年12月15日
受理年月日
平成22年12月22日
付託委員会
福祉子ども
議決結果
採択
全員
議決年月日
平成23年1月19日
紹介議員
平野厚子
今村典子
斉藤雄二
大野ミヨ子
佐藤憲和

内容

請願第11号(平成22年)
  子育て環境の充実とゆきとどいた教育をすすめるための請願書A

 私たちは、子どもたちが学校で一人ひとり大切にされ、楽しく学び、人間らしく育ち、しあわせな子ども時代を過ごしてほしいと心から願っております。しかし、今学校は荒れ、不登校、いじめ、など、心痛むたくさんの問題をかかえています。
 このような中、当面する第一の緊急課題として、少人数学級(30人程度学級)の実現があります。国や地方自治体は全力でこれに取り組んでほしいと切望いたします。文科省の中央教育審議会が「少人数学級の実現」に向けて動き出しました。一クラスの人数が少人数になることにより、一人ひとりに目が行き届き、きめ細かい指導ができるのです。草加施政の重点としても是非、独自の財政計画をもって来年度から少人数学級を実現してください。すでに、2001年草加市議会12月定例会で、「少人数学級の充実を求める決議」が全会一致で採択されています。その他、子育てに関する事項(支援学校の誘致、待機児童の解消、子ども医療費の無料化)も大事です。以下の4項目を請願致します。

項目
3 子育て環境を豊かにするため、保育園、児童クラブの待機児童を大至急解消して下さい。
4 子ども医療費の完全無料化を中学校卒業時まで拡充して下さい。(通院)
※ 4項目中、1、2については、請願第11-1号に記載
 以上のとおり、地方自治法第124条の規定により請願書を提出します。

Copyright(c) 2017- 草加市議会公式サイト Soka City Council. All Rights Reserved.